中国子会社の財務経営状況とコンプライアンスを評価・報告します。

中国子会社に運営を任せることは重要ですが、親会社としては子会社を遠隔で管理統轄する上で現地の正確かつタイムリーな現状把握が必須となります。私たちは、中国の法務・会計税務・人事労務・税関・外為など中国の固有なコンプライアンスリスクを含めたモニタリングツールを各会社の実情によりカスタマイズ開発し、親会社による中国子会社の有効でかつ効率的な管理を支援します。

モニタリングツールのイメージ

中国子会社のモニタリング体制の構築及び設備の支援サービスを提供します。

Phase1 現地レビュー調査

  • 会社基本状況の把握(ヒト・モノ・カネ)
  • 会社主要製品及び業務プロセスの把握
  • 内部統制の整備状況の把握
  • 財務状況の把握

Phase2 提案・改善支援

  • 財務処理上改善事項がある場合、改善案の提供(原価計算システムの構築支援等)
  • 内部統制上改善事項がある場合、改善案の提供(内部統制体制の整備支援等)

Phase3 ツール開発

  • 日本親会社に中国子会社の財務情報等を明示する仕組みの設計支援
  • 意思決定の常用情報を含んだ報告ツールの作成支援

Phase4 運用支援+内製化

  • 報告ツールの今後のメンテナンス
  • 内製化するまでの運用支援

 

モニタリングルールの特徴

  • 日本親会社への重大な経営判断に役立つ情報を提供できること
  • 中国現地子会社が簡単にツール内容を作成できること
  • 親子間のコミュニケーションを強めて、子会社の経営状況を透明にできること
  • 専門家じゃらツール構築・整備・運用支援を得ながら徐々に内製化できること
News letters 「中国会計・税務実務ニュースレター」、「中国税務速報」等 各種ニュースレターはこちら