中国子会社と日本親会社の円滑なコミュニケーションを支援します。

中国では、顧問税理士と契約する商習慣がなく、自社の経理担当者が会計帳簿の作成および税務申告を行うことが一般的です。一方、マネジメントを行う日本人の総経理が中国人の経理担当者とコミュニケーションが取れず、迅速かつコンプライアンスに準拠した企業経営が難しくなる場面がしばしばあります。

私たち太陽グラントソントンには、日本語と中国語に堪能な会計士・税理士が多数在籍しています。その専門家がお客様の中国子会社へ定期的に訪問し、中国における会計および税務に関する情報提供、質問回答、相談対応といった日常的な対応から中国子会社の財務諸表、主要税務申告書のレビュー、取引スキームや利益回収に関するアドバイスといった「よろず相談」サービスを提供します。

中国現地法人の事業を円滑に実行するために、以下の会計・税務コンサルティングサービスを提供いたします。私たちのサービスの特徴は、中国現地法人による問い合わせに答えるだけでなく、私たちから積極的に最新情報を提供し、事業スキームの円滑化を継続的に推進できる点にあります。

  1. 中国の会計及び税務に関する情報提供
  2. 中国現地法人の財務諸表及び主要税務申告書のレビュー
  3. 現地派遣社員の給与及び所得税の相談
  4. 日中取引の合理化及び資金回収に関するコンサルティング
  5. 移転価格税制、タックスヘイブン対策税制に関するアドバイス
  6. その他中国関連コンプライアンス(外為、投資など)の助言

定期訪問でコンサルティングサービスを提供することで、お客様が各中国現地法人固有の事業環境の変化に適時・適切に対応するための情報提供が可能になります。

  • 中国現地法人に関する現状報告及び問題の提起
  • 今後の課題確認および解決策のご提案
  • 電話・メールによる会計及び税務相談への対応
News letters 「中国会計・税務実務ニュースレター」、「中国税務速報」等 各種ニュースレターはこちら