親子間取引の最適なスキームの提案から送金支援までをサポートします。

中国に進出する日本企業が中国子会社から利益を回収する方法としては、配当、ロイヤルティ、経営指導料、コミッションなどがあります。これらの取引を確実に行うには、中国所轄機関における事前届出、または税務機関における税務納付が必要な場合があります。

近年、中国で事業を展開する日系企業は、よりグローバル競争力を高めるために、日本・中国およびその他海外グループ会社の「ヒト・モノ・カネ」」の合理的な配分を実施しています。その中でも、日本親会社との取引のみならず、その他海外グループ会社間の取引も増えています。

グループ会社間取引には、移転価格税制の観点から見た取引価格の妥当性、外国法人の所得源泉税およびPE課税、2013年8月1日から改正された増値税などの税務問題はもちろん、外貨管理機関等における送金申請手続きも合わせて実務対応をする必要があります。

私たちは、海外送金、PE課税、移転価格税制、増地税等を相当的に勘案し、ワンストップサービスを提供します。

  • タックスプランニングのポイント
  • 親子間取引のスキーム設計
  • 移転価格税制およびPE課税、間接税などを考慮した税務アドバイス
  • 中国からの海外送金の現地支援
News letters 「中国会計・税務実務ニュースレター」、「中国税務速報」等 各種ニュースレターはこちら