最適な輸出取引スキームを提案し、増値税のミニマイゼーションをサポートします。

中国の輸出取引形態は、大きく分類すると、一般貿易取引、進料加工取引、来料加工取引、転廠加工取引があります。取引形態及び輸出企業の業種によって還付方法が異なり、還付されない部分は原価に振り替えられ、輸出品のコスト増となってしまいます。したがって、輸出取引ごとの付加価値率を把握したうえで、マーケティング戦略や営業方針を検討する必要があります。

私たちはクライアントの各種輸出取引の付加価値を把握・分析す、かつ近年の政策の動きにより今後の輸出還付率を予測します。さらに、来料加工取引の規制や輸出還付率の改正など、突発的な経済環境の変化に対応できる取引形態の見直しの指標を設定します。

私たちは、日本・中国の会計、税務、ビジネスコンサルティングの専門家と共に、輸出製品利益の最大化を図るためのソリューションを提供します。

 

Step 1 各種取引形態による付加価値の把握

  • 輸出取引ごとの付加価値率の把握
  • マーケティング戦略や営業方針の検討

 

Step 2 今後の取引指標の策定

  • 近年の政策の動きの分析
  • 近い将来の還付率の予測
  • 取引形態の見直しの指標作成

 

Step 3 利益最大化コンサルティング

  • 日中間輸出取引スキームの評価
  • 委託加工貿易取引付加価値率の試算・比較
  • 利益最大化するためのアドバイス
  • 保税貿易取引の新生手続きに関するコンサルティング
  • その他増値税に関する相談
Contact お問い合わせ

中国輸出製品の利益最大化に関するご相談、お問合せはこちらからお願いします。

中国輸出製品の利益最大化に関するご相談、お問合せはこちらからお願いします。
News letters 「中国会計・税務実務ニュースレター」、「中国税務速報」等 各種ニュースレターはこちら