中国会計・税務実務ニュースレター

中国子会社株式を利用した投資先の切り替え及び切り離し

日本法人甲社は、中国での新規事業の立ち上げにあたり、その100%中国子会社A 社株式の現物出資により、中国子会社B 社を設立することとしました(新設現物出資)。B 社事業開始後は、同社からの利益配当による資金をもって、B 社からA 社株式を再取得し、第三者へ譲渡する予定です。一連の計画は、投資先の切り換え及び切り離しが目的です。

続きはPDFをご覧ください。 [ 110 kb ]

 

中国会計・税務実務ニュースレター 一覧はこちら