中国会計・税務実務ニュースレター

中国企業が取得する日本を登録地とする商標権の取扱い

中国企業が資金力を持ち続けている昨今、家電事業等では日本ブランドの多くが中国企業によって買収・運営されています。今回は、このような現状で、中国企業が日本を登録地とする商標権を取得し、日本企業との間で商標権使用許諾契約を締結した場合の中国及び日本の課税関係を、以下の事例に沿って紹介します。

続きはPDFをご覧ください。 [ 154 kb ]

 

中国会計・税務実務ニュースレター 一覧はこちら

Download PDF [ 154 kb ]