2020年10月23日付の日本経済新聞は『海外財産逃さない』「国税当局、徴収で国際連携」において、国際間の「徴収共助」制度を利用した海外当局への徴収要請件数が、2019事務年度において、過去最多の29件となったことを報じています。東京国税局は、この「徴収共助」を利用して、韓国の税務当局と連携し、日本国内の滞納税額800万円を徴収したとされています。

(続きはPDFをご覧ください。) [ 195 kb ]


国際税務ニュースレター 一覧はこちら