太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース

海外子会社に対するリモートガバナンスの在り方 ―withコロナ時代のwithout駐在員ガバナンスー

2020年10月号
太陽グラントソントン・アドバイザーズ株式会社 パートナー 伏見 将一氏

新型コロナウイルス流行の影響で、リモートワークが広がっています。この場合、向かい合っての仕事が出来ないため、密接なコミュニケーションが取りずらいとの感想が多く聞かれます。こうしたコミュニケーション問題は、日本の親会社と海外子会社間では従来から生じていたものであり、そこに今回のコロナへの対応で海外駐在からの帰任の事情が加わるなど、企業は海外子会社管理の在り方を含めたグループ・ガバナンスの見直しを迫られているように窺われます。
今回は、海外(フィリピン)駐在の経験が長く、現在は太陽グラントソントン・アドバイザーズ株式会社に勤務の伏見将一パートナーから、コロナの時代における駐在員ガバナンスの在り方について解説いたします。

(続きはPDFをご覧ください。) [ 396 kb ]

太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース 一覧はこちら