太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース

2020年(度)の内外経済見通し

2020年1月号

公益財団法人 日本経済研究センター 主任研究員 西岡 慎一氏

新年号「令和」になって初の新年を迎えました。今年の干支は「庚子(かのえね)」。60年前には今上天皇がお生まれになっており、昭和から平成を経て令和に至る時代の推移が感じられます。「子(ね)」は相場格言では「繁栄」とされますが、東京五輪の開催を迎えて我が国の経済は繁栄に向かうことが出来るのでしょうか。世界に目を転ずると年明け早々、米軍によるイラン革命防衛隊司令官殺害との衝撃的なニュースが報じられ、また夏場にかけては米国大統領選挙の帰趨が注目されます。こうした複雑な情勢下、2020年(度)の内外経済の見通しを、日本経済研究センターで短期経済予測を担当される西岡慎一・主任研究員に解説していただきます。

(続きはPDFをご覧ください。) [ 2664 kb ]

 

太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース 一覧はこちら