太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース

コーポレート・ガバナンスの実情と発展

2019年10月号

牛島総合法律事務所 弁護士 牛島 信氏

今月(19年10月)、上場企業にコーポレート・ガバナンス(企業統治)強化を促す会社法改正案が閣議決定され、今国会での成立を目指すことになりました。その中では、経営から独立した社外取締役を2名以上選ぶよう求められています。
これは、ともすれば恣意的になりがちな会社経営に対し、株主のチェックの他、外部役員によるコントロールを及ぼそうとするものです。今月号では、コーポレート・ガバナンスについて精通されている牛島総合法律事務所の牛島信弁護士に解説して頂きます。

(続きはPDFをご覧ください。) [ 469 kb ]

 

太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース 一覧はこちら