トップのための経営財務情報

避けたい、M&A(合併・買収)後の減損損失

2018年4月号

昨今、「○○社、××億円の減損損失計上により当期赤字」「△△社、□□事業でのれん減損により大幅減益」といった記事を多く目にするようになりました。多額の減損損失の計上は、会社の経営危機に直結するケースもあり、避けたいものです。「減損」という言葉がよく見られるようになった背景には、企業の事業戦略手段としてのM&Aの活発化がありますが、M&A後に「減損」が生じてしまう要因、M&A時の注意点について触れていきます。

続きはPDFをご覧ください。 [ 206 kb ]

Download PDF [ 206 kb ]