• 中堅企業の「女性経営幹部」に関する世界35カ国同時調査を発表

2019年3月7日

世界35カ国の中堅企業の経営幹部における女性比率
日本は調査対象国中最下位を継続ながらも、大きく改善


太陽グラントソントンは、2018年11月に実施した非上場企業を中心とする中堅企業経営者の意識調査の結果を公表した。この調査は、グラントソントン加盟主要35カ国が実施する世界同時調査の一環である。

  • 日本の中堅企業の「経営幹部の女性比率」は15%で最下位ながら前回から大きく改善
  • 日本の中堅企業の半数で経営幹部に女性不在
  • 世界35カ国の「経営幹部の女性比率」の平均は前回比5ポイント増の29%と上昇傾向


世界35カ国の中堅企業経営者に、「自社の経営幹部(※1)の女性比率」について尋ねたところ、全調査対象国の平均は29%と前回調査から5%増加し、経営幹部における女性比率が向上していることが分かった。この割合は、2007年以降、20%台前半~半ばを推移してきたが、今回初めて30%目前の水準に上昇した。

日本の中堅企業における「経営幹部の女性比率」は15%で、調査対象国中、最下位であった。日本は2004年の調査開始以来、一貫して調査対象国中でもっとも低い割合ではあるものの、前回調査(5%)までは一桁台にとどまってきたのに対し、今回大きく改善した。

(続きはPDFをご覧ください。)