< 1 2

IFRSニュース Quarter1 2019

2019/07/01

2019年最初となる本号では、まず初めに、英国が離脱協定に合意しないまま欧州連合を離脱した場合に財務報告に与える影響を検討します。英国のEU離脱日である2019年3月29日が近づいていることから、英国と取引を行っている又は英国内で事業を展開している企業は、このシナリオについて真剣に検討する必要があります。次に、IASBが最近コメントを募集している提案に目を向け、最近公表されたIFRS第9号「金融商品」及びIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」のテーマ別レビューについて考察します。本IFRSニューの後半では、グラントソントンによるIFRS関連ニュースやさまざまな財務報告関連動向について説明します。

IFRSニュース Quarter4 2018

2019/03/05

2018年第4四半期は、「『重要性がある』の定義」の修正が公表されましたが、それ以外にはIASBによる主要な公表物がない期となっています。したがって、2018年最後となる本号では、最近話題となっているいくつかの問題について検討します。その中には、IFRS第9号及びIFRS第15号、リバースファクタリング並びにLIBORの廃止及び他の銀行間取引金利に関する論点についての規制当局の見解が含まれます。

IFRSニュース Quarter3 2018

2018/11/29

2018年3回目となる本号では、まず初めに、IASBの主要な新しいディスカッション・ペーパー「資本の特徴を有する金融商品」に注目します。本ディスカッション・ペーパーには、企業が発行する金融商品を金融負債又は資本のいずれかに分類するためのプロセスを変更する提案が含まれています。 次に、2018年後半にアルゼンチンが超インフレに陥っていると宣言されることにより引き起こされる可能性の高い結果及びその影響について検討します。IFRSの目的上、アルゼンチンのような経済大国が超インフレとみなされることが会計処理に与える影響はアルゼンチン以外の国にも及ぶ可能性が高く、アルゼンチンで事業を行うクライアントは今から変更に備えることを私どもは奨励しています。

IFRSニュース Quarter2 2018

2018/09/13

2018年2回目となる本号では、まず初めに、「財務報告に関する概念フレームワーク」の改訂に注目します。次に、最近IASBが公表した2つの刊行物である、IAS第19号「従業員給付」の修正及び「会計方針の変更(IAS第8号の修正案)」のドラフトに目を向けます。その後、欧州の会計執行者がこの1年間に取り組んでいる事項に関するESMAの最近の報告書、及びEFRAGのディスカッション・ペーパー「資本性金融商品-減損及びリサイクリング」について検討します。

IFRSニュース Quarter1 2018

2018/05/11

2018年最初の号となる本号では、まず初めに、最近の米国税 制改革が米国で事業活動を行うIFRS財務諸表作成者に与える 潜在的な影響について検討します。また、2018年1月1日に発効と なる2つの主要な新基準(IFRS第9号「金融商品」及びIFRS第15 号「顧客との契約から生じる収益」)の重要な側面について読者 の方々に再確認していただき、現在、規制当局が注目している論点 に目を向けます。 その後、IASBが最近IFRS基準に行った修正を考察します。本 IFRSニュースの後半では、グラントソントンにおけるIFRS関連ニュ ースやさまざまな財務報告関連動向について説明します。本号の 末尾では、最近公表された諸基準の適用開始日及び現在コメント を募集中のIASBの公表物一覧を紹介します。

IFRSニュース Quarter4 2017

2018/01/31

2017年最後の号となる本号では、まず初めに、IFRS第9号「金融商品」に基づく予想信用損失の適用を高い水準へと推進することを目指すGPPC(Global Public Policy Committee)の報告書に注目します。次に、IFRS第9号における重要な修正を含む、IFRS基準の2つの修正及び最近公表された2つの公開草案について検討します。 本IFRSニュースの後半では、グラントソントンにおけるIFRS関連ニュースやさまざまな財務報告関連動向について説明します。 本号の末尾では、まだ強制適用されていない最新の諸基準の適用開始日及び現在コメントを募集中のIASBの公表物一覧を紹介します。

IFRSニュース Quarter3 2017

2017/10/25

2017年の2回目となる本号では、まず初めに、英国の欧州連合離脱の決定によって生じる税務上の問題が企業の財務報告にどのような影響を及ぼす可能性があるのかを検討します。次に、国際会計基準審議会(IASB)の「開示に関する取組み」プロジェクトの最新情報(財務諸表における開示の有効性を高めるための原則を提案するディスカッション・ペーパー)を含む、IASBが公表したいくつかの提案に目を向けます。 本IFRSニュースの後半では、グラントソントンにおけるIFRS関連ニュースやさまざまな財務報告関連動向について説明します。 本号の末尾では、まだ強制適用されていない最新の諸基準の適用開始日及び現在コメントを募集中のIASBの公表物一覧を紹介します。

IFRSニュース Quarter2 2017

2017/08/21

2017年の2回目となる本号では、まず初めに、英国の欧州連合離脱の決定によって生じる税務上の問題が企業の財務報告にどのような影響を及ぼす可能性があるのかを検討します。次に、国際会計基準審議会(IASB)の「開示に関する取組み」プロジェクトの最新情報(財務諸表における開示の有効性を高めるための原則を提案するディスカッション・ペーパー)を含む、IASBが公表したいくつかの提案に目を向けます。 本IFRSニュースの後半では、グラントソントンにおけるIFRS関連ニュースやさまざまな財務報告関連動向について説明します。 本号の末尾では、まだ強制適用されていない最新の諸基準の適用開始日及び現在コメントを募集中のIASBの公表物一覧を紹介します。

IFRSニュースVol.32

2017/03/13

• ESMAがIFRS第9号の適用に関するパブリック・ステートメントを公表 • IFRIC第22号「外貨建取引と前渡・前受対価」 • IFRSの年次改善2014-2016年サイクル • 投資不動産の振替 • 新たな年次改善案を公表 • US GAAPとIFRSの比較に関する手引きを更新 • Navigating the changes to IFRS • グラントソントンにおけるその他のニュース • レイモンド・シャボット・グラントソントンがIFRSに関する2つのイベントを開催 • グラントソントンの代表がEFRAGの技術的専門家グループ(TEG)に任命される • その他のトピック-概要 • 新しい基準及びIFRIC解釈指針の発効日 • コメント募集

IFRSニュースVol.31

2016/07/14

• IFRS第9号のIFRS第4号との適用(IFRS第4号の修正) • ESMAが2016年の規制上の優先事項を提示 • キャッシュ・フロー計算書の改善に関する協議 • グラントソントンは2016年版のIFRSに準拠した財務諸表記載例を公表 • コメントレターの提出 • IFRS第15号に関する新たな刊行物を公表 • グラントソントン・ニュージーランドがニュージーランドの年次IFRSマスタークラスに参加 • ニュージーランドのパートナーがIVSCのBusiness Valuation Boardに任命される • IFRS第15号に関するIFRSニュース特別号を改訂 • その他のトピック-概要 • 新しい基準及びIFRIC解釈指針の発効日 • コメント募集