グラントソントンのネットワークを通じて、クロスボーダーM&Aやクロスボーダー組織再編をサポートします。

クロスボーダー税務デューデリジェンス

クロスボーダーM&Aにおける税務デューデリジェンスの迅速な実行には、海外専門家とのコミュニケーションとネットワークが重要です。

1.税務デューデリジェンス

ターゲットの税務ポジション、潜在的税務リスクは、M&A実行の可能性に大きく影響します。クロスボーダー税務デューデリジェンスでは、言語や税法、慣習等の違いにより、海外とのコミュニケーションとネットワークが重要になります。

私たちは、グラントソントンのネットワークを通じて、世界各国の税務専門家による海外税務デューデリジェンスを迅速に実施し、その結果を日本でまとめてお客様に報告します。

2.ストラクチャリング

M&Aでは、その実行にむけた初期ストラクチャリングと同時に、M&A実行後の統合(PMI)を想定したストラクチャー検討が必要です。M&Aの目的を達成するために最適なストラクチャーが選択されるべきですが、税の影響がストラクチャーの選択を変える場合も少なくはありません。

私たちは、ストラクチャリングにおける税の影響をグローバルベースで検討し、税の観点から最適なストラクチャーを提案します。

クロスボーダー組織再編コンサルティング

グローバル企業の組織再編により、グループ全体の課税リスク排除と税コスト削減が可能になります。

1.クロスボーダー組織再編コンサルティング

海外子会社の数の増加に伴い取引対象国が増え、グループ間で支払いをする度に税金を支払っていませんか?事業規模の拡大、ビジネススキームや取引相手の変化に合わせて組織の見直しを実施することにより、グループ全体の税コスト削減が可能になります。

私たちは、グラントソントンのネットワークを通じて、海外および国内の両方向から、海外子会社や支店を含めたクロスボーダー組織再編に係る課税関係の検証を実施し、企業グループ全体の税コスト削減を実現する方法を提案します。

2.統括会社設立コンサルティング

グループ内の効率的な管理と迅速な意思決定による業務の最適化、グループ全体の総合的なコスト削減政策等を実現するために、多くの企業で海外統括会社が利用されています。

海外統括会社を設置するためには、海外の優遇税制の適用可否、国内のタックスヘイブン税制の不適用要件の充足、長期的な税コスト削減策などを事前に調査し検討することが重要です。

グラントソントンのネットワークを持つ私たちは、海外および国内の両方向から事前調査および検証を実施し、海外統括会社の設立までをサポートします。