適切な納税申告が行われているかどうか、ご心配ではありませんか?

顧問税理士以外の税務レビュー・セカンドオピニオンを受けてみてはいかがでしょうか。

セカンドオピニオンと言えば、病院で主治医ではない別の医者に診察をしてもらうことを指します。企業会計・税務もそれと同様に、顧問税理士の判断以外に、よりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める「意見」、または「意見を求める行為」です。

法人や個人の税務申告において、長年お付き合いのある顧問税理士を「信頼」することは、重要です。しかしながら、複雑な税法、度重なる法改正の中で、現在の顧問税理士が果たして適正な処理ができているのか、長いおつきあいの中でなかなか不安を言いだせず、他の誰かに相談したいと思うお客様は珍しくありません。

「消費税の届出をしなかったので還付できなかった」「試験研究費や外国税額の税額控除を失念していた」「特別償却できたはずだったのに」「今期内であれば買換え特例が使えたはずだった」「相続税の課税財産評価が違っていた」 など、思いつくだけでも予想以上にたくさんの不安要素があるのではないでしょうか。

私たちは、「税務申告レビューシート」と納税者インタビューから、納税者の方が正しい納税申告をしているかどうかを第三者的にレビューします。その結果、税金の過不足が生じた場合は、税務戦略を皆様方や顧問税理士と共に考え、今後の戦術を講じていきます。

個別相談

  • 財務・税務などの相談
  • 法人税相続税等の税務申告書のチェック
  • 顧問税理士のアドバイスに対するセカンドオピニオン
  • 税務調査対応

専門家向けアドバイザリー

  • 一般・個別税務相談
  • 税務調査対応
  • 各種申告書のチェック
  • 株価評価のチェック