適切なタックスプランニングは、事業計画や将来設計において必要不可欠な計画の1つです

タックスプランニングとは?

将来の法人税等の発生につき計画を行うことを、タックスプランニングといいます。
 一般的にタックスプランニングの目的は、事業や投資を行うための複数のスキームの間で税務コストを比較し、税務コストを最小限にするためのプランを策定することです。

タックスプランニングの必要性 (1)税務否認の回避

ここ最近、過度の節税金融商品や法律の隙間をつくようなタックスプランが、海外取引、金融取引などにおいて散見されます。また、過度の節税金融商品などが税務否認をされているような事案が新聞紙上ではよく見受けられます。

税務否認を受けるような節税商品やタックスプランを策定したことに問題があることは言うまでもありません。さらに重要なことは、税務否認という経済的損失だけではなく、時には、風評被害や税に対する過剰な心理的抵抗感を生み出してしまうことです。

タックスプランニングの必要性 (2)適正な納税

しかしながら、納税者にとっては、税の払い過ぎも、適正な納税の観点から許容されるものではありません。適正な納税をするには、適切なタックスプランニングが必要です。

私たちは、お客様のニーズに合わせたタックスプランニングを行うことはもちろん、お客様の潜在的な税務リスクに対する解決策を提案します。