日本親会社から現地子会社の「見える化」を図り、適正な業績管理や不正防止をサポートします。

多くの日系企業において、進出先である程度事業が動き出すと現地に任せがちとなります。その後は現地子会社の状況を把握することが困難になり、問題が起きてから対応しているケースが多くみられます。

「見える化」の実施項目

  • 海外子会社の事業状況及び会計数値の検証
  • 海外現地子会社の管理体制整備、継続的なモニタリング
  • その他国際税務に関する事項

サービス内容

1. 海外子会社ショートレビュー

海外子会社に訪問の上、財務および経営状況、それらの管理体制についてショートレビューを行います。これにより海外子会社固有の事業環境の変化に適時・適切に対応するための情報提供が可能になります。

  • 財務状況の確認(例)
    運転資金の分析、売掛金・買掛金の分析、固定資産の確認、在庫の確認等
  • 経営状況の確認(例)
    契約関係、労務、税務を中心とする事項の確認等

2. 月次財務報告書作成業務

国・地域・言語を問わず、現地会計ソフトから抽出した会計データをもとに、貴社科目体系に合わせた勘定科目への組替が行われた、日本語による報告書を作成します。現地子会社の状況を適宜把握するだけでなく、貴社との連結に必要な数値を把握するうえでの参考資料となります。