事業承継における、ファミリー固有の経済的、情緒的課題を網羅的に「見える化」して、課題解決へ導きます

ファミリービジネスでは、「ファミリー」と「経営者」と「株主」のそれぞれの立場が混在し、潜在的な対立関係が生じています。“OWNERS”ではこれを12の要素に分解し、全体像をもって「見える化」して問題解決を図ります。

事業承継12の要素

ビジネスにおけるファミリーの価値観

経営者ファミリーの利益と経営する事業の利益とは、つねに一致するとは限りません。ファミリーの問題の50%は、ファミリーの絆や親子間の愛情や情緒に属する領域です。事業経営の領域は論理の世界です。愛情や情緒に流されては、ビジネスは打ち勝っていくことはできません。ファミリーとビジネスは、言わばコンフリクトの関係にあります。

事業承継12の要素とコミュニケーション

ファミリービジネス間のコミュニケーション構造は複雑です。ファミリービジネス運営に関する決定は、すべての関係者に配慮しなければなりません。コミュニケーション構造の1つが独立して動くと、衝突が起こります。

事業承継12の要素とコミュニケーション

主な支援内容

  • ファミリービジネスに携わるメンバーの方々を中心に、アンタッチャブルな話であった「事業承継」につき、第三者としてインタビューを行います。
  • インタビューの結果につき、客観的視点から、各ファミリー固有の課題を報告し、その課題につき、具体的解決方法をご提案します。