M&Aや事業再編などの経営判断の前提となる株式評価あるいは事業価値評価を行います。

株式価値あるいは事業価値の評価は、M&Aあるいは事業再編だけでなく企業経営を巡る様々な場面で求められます。

経営判断の前提として、交渉のための指針として、会計上必要な公正価値評価として、訴訟における意見形成の検討として等、評価の目的は多様です。会計基準や税制に関する最新の理解をもとに、価値評価を行います。

株式価値・事業価値評価

買収、再編検討において必要な株式価値・事業価値評価を行います。予備的なシミュレーション、評価に対する助言、評価報告書の作成まで、案件の状況とニーズに応じた支援を行います。

TOB(株式公開買付)における株価算定、会計目的に非上場株式の公正価値測定等、さまざまな場面における評価を行います。また、会社法上の株式買取価格決定にかかる非訟事件における株価評価、分析、検討等について支援します。

統合比率算定(合併、株式交換、株式移転比率)

合併等の株式交付による再編で必要な統合比率算定を行います。検討段階における想定レンジの検討から意思決定の参考となる統合比率算定書提示まで段階に応じた支援を行います。

PPA(取得原価配分) 無形資産評価 

企業結合の場面では、IFRS、日本基準(企業結合会計基準)、米国基準のいずれにお いても、PPA(Purchase Price Allocation)すなわち取得原価配分が求められます。 無形資産を始めとして資産・負債の公正価値評価、耐用年数の推計をサポートします。

のれんの減損テスト

会計上求められているのれん減損テストについて、テスト実施要否の判断、準備の段 階から、評価まで支援を行います。 のれんについて年1回以上の減損テストの実施が求められる国際財務報告基準 (IFRS)あるいは米国基準にあっては、複数年度において一貫性ある減損テストの実 施を支援します。

評価全般に関する助言

企業価値、株式価値あるいは無形資産評価等に関連して、最適なフレームワーク、データ、評価手法等選択、あるいは評価体制構築のために必要な支援を行います。

Contact お問い合わせはこちら お問い合わせ