財務面から浮かび上がるリスクを明確化することで、投資判断をサポートします。

初期的な段階から統合完了後まで、M&Aの経験豊富な専門家がM&A、事業再編の成功を支援します。初期的な段階における案件取り上げの是非の検討、統合完了後に想定される課題、リスクについて様々な角度から分析、助言を提供します。さらに財務デューデリジェンスの結果から、買収契約における留意事項あるいは統合後に想定される課題、および解決策についての提言も可能です。

初期分析支援

企業買収、組織再編あるいは経営統合の初期検討段階では、入手可能な情報は限られます。初期分析支援では、限られた情報、公開データを前提に、対象会社の概要と案件検討の要所について報告します。専門家の目線から、検討における留意点、交渉を進める上での注意点、潜在的リスクの所在を提示し、効率的な案件検討を支援します。

財務デューデリジェンス

財務デューデリジェンスを通じて、買収価格交渉材料や買収後に想定されるビジネスリスク・シナジー効果、統合段階における課題等を抽出します。また、対象事業の特色等を考慮し、買収企業の懸念事項、関心事項を確認して重要なポイントを明確にすることで、経営判断に有用な情報を提供します。

税務デューデリジェンスや人事デューデリジェンスと組み合わせることで、より包括的な検討を加えることが可能となります。

クロージング・デューデリジェンス

買収契約書(SPA)において価格決定方法が決められた場合、クロージング日において価格決定の前提事項等について確認する必要があります。クロージング・デューデリジェンスでは、価格決定方法に関連する事項等の事項を精査して報告します。

ポスト・マージャー・インテグレーション支援

買収契約書で約定された条件の履行状況について、あるいは買収後の事業計画の進捗状況についてモニタリング等の支援をします。また、買収あるいは統合効果を早期に実現し企業価値を向上させるための内部管理体制の早期構築についてサポート、あるいは、現状分析を通じて経営課題の所在と解決にむけての提言を行います。

Contact お問い合わせはこちら お問い合わせ