ミドルサイズのM&A案件を中心に、会計専門家として高品質なアドバイスを提供します。

M&A、事業再編では、常に状況に応じた臨機応変な検討あるいは交渉が必要となります。ファイナンシャル・アドバイザリー・サービスでは、財務・税務等の知見を生かした、予備的価値評価やM&Aストラクチャーの策定支援に加えて、クライアントの事業戦略を踏まえた上で、売却・買収ターゲット候補の選定から条件交渉サポート、スケジュール管理など、クロージングに至るまでの一連のアドバイスを行うことが可能です。

ターゲット候補先の選定・交渉支援

売却・買収ターゲット先の選定やアプローチ等の初期段階から、売却・買収時の入札手続のサポートや条件交渉、スケジュール管理、契約書案の作成支援等、クライアントニーズに合わせた、一連のアドバイザリー・サービスを会計専門家の立場から提供します。

ストラクチャー策定支援

M&A・事業再編の実行においては、株式買取、合併、分割、事業譲渡等様々な手法が検討されます。再編手法によっては、再編後に不測の税負担、不本意な損失発生、資金負担が発生することもありえます。各手法あるいは取引対象範囲毎の会計・税務・財務についてメリット・デメリットの整理、検討を通じて、関係者にとって最適な取引ストラクチャーの構築を支援します。

予備的価値評価

M&A・再編の検討段階において、おおまかな価値の把握が必要な場合があります。大きな前提をおいたシミュレーションベースの評価、あるいは交渉前提とすべき価値の目線確定のための評価を行います。さらに、交渉を進める上では、交渉相手方における想定レンジ、交渉価格の上限値、下限値の目処、価格レンジへの影響要因の分析等、状況に応じた多様な支援が可能です。

Contact お問い合わせはこちら お問い合わせ