Webセミナー(期間限定公開)

財務、税務、労務の観点からみた新型コロナウイルスによる日系企業への影響

主催:太陽グラントソントン・アドバイザーズ / グラントソントン致同会計師事務所 日本事業部

新型コロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)の感染拡大に伴い、武漢を始め中国各地に大きな影響が生じています。これを受けて中国政府(財政部、税務総局、税関、人事社会保障省など)は、企業の救済措置としていち早く全面的な政策等を発表しています。
グラントソントン致同会計師事務所日本事業部は日系企業にとって特に関心の高い政策等を中心に、財務・税務及び労務の三つの観点から日本語により解説を行います。

 

プログラム(1時間20分程度)

■ 現状(0分0秒~)
■ 財務面からみた単体監査及びグループ監査等への影響(14分40秒~)
■ 税務面(税務申告環境、各種優遇税制)からみた日系企業への影響(31分0秒~)
■ 労務面からみた雇用問題への影響(1時間4分10秒~)

 

講師
グラントソントン致同会計師事務所 日本事業部 
運営責任者 下岡 郁
シニアマネージャー 薛 氷
シニアマネージャー 朴 慧

 

※2020年3月3日に実施したセミナーの資料と動画の公開は、2020年3月31日(火)で終了いたしました。


お問合せ
太陽グラントソントン・アドバイザーズ株式会社 中国デスク
担当:岩田 健  takeshi.iwata@jp.gt.com