• CbCRの作成及び提出に係る実務的なポイント

CbCRの作成及び提出に係る実務的なポイント

主催:太陽グラントソントン 

    ビューロー・ヴァン・ダイク (Moody's Analytics グループ)

 

 

税源浸食と利益移転(BEPS)に端を発した移転価格文書の作成義務化から1年が経ち、多くの企業がマスターファイル・CbCR2回目の提出期限を迎えています。 

特に、CbCRの提出につきましては、昨年多くの企業様でアップロードに係わるトラブルが頻発いたしました。 

本セミナーでは、東京国税局において、27年間調査事務やAPA審査に従事した講師が、昨年の経験を生かし、トラブルなく提出を完了するための方法を解説いたします。

また、ご参加いただいた皆様には、講師が作成したCSVへの変換ツールをご提供させていただきます。

ご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

  

プログラム

1.作成したCbCR(Excel等)をCSVファイルに変換してe-Taxへアップロードする際の留意事項

2.想定される各国におけるCbCRの活用方法

3.新興国などから、子会社方式で提出するよう要請された場合の対応方法

4.質疑応答

 

  

講師

太陽グラントソントン税理士法人 税理士・国際税務クリニック院長 山田晴美

 

  

開催要項

【東京会場】

日時:2019213日(水)15:3017:00(開場/受付:15:00

会場:太陽グラントソントン セミナールーム(東京都港区元赤坂1-2-7 赤坂Kタワー22階 

定員: 30 

費用: 無料(事前予約制)

詳しくはPDFファイルをご確認下さい。

 

【大阪会場】 

日時:2019219日(火)13:3015:00(開場/受付:13:15

会場:ハービスPLAZA 5階 貸会議室 (大阪府大阪市北区梅田2-5ー25

定員:20 

費用:無料(事前予約制)

詳しくはPDFファイルをご確認下さい。

 

 

お問合せ

ビューロー・ヴァン・ダイクセミナー事務局 (担当:上野・麻生)

TEL03-5775-3472 ( 平日 9:00 17:00