トップメッセージ

太陽グラントソントン税理士法人
統括代表 税理士・公認会計士 石塚洋一

入ってみなければ分からない。採用広告にどんなに耳触りの良いことが書いてあったとしても、組織というのはそういうものだと思っています。本当にいい会社は、成長の機会を与えてくれる会社です。太陽グラントソントンは、日本で最も機会を与えることができる税理士法人であると言われるようになりたいと思います。私たちが得意とするのはメンバーの欠点を直すより強みや特技にフォーカスした人材育成です。一人ひとりの目標ややりたいことに対して、どうしたら実現できるかを一緒に考え、成長の機会を提供する。そうして、それぞれが強みをもったプロフェッショナルへと育てば、組織としても大きく成長でき、お客様も成長させることができると信じています。そのような信念の下に、私たちの名刺には、An instinct for growthと書かれています。あなたの力を是非太陽グラントソントンに貸して下さい。

 

太陽グラントソントン税理士法人
理事長 税理士 佐藤陽一郎

太陽グラントソントンが求める人物像とは?そう聞かれたら「社外」「組織」「個人」の三つの視点からお話しするようにしています。「社外」というのは、お客様にとって価値のある人物であるかという視点。専門知識や論理的な考え方をもって正しい判断ができることも重要ですが、顧問先の人や会社に興味を抱けるかどうかも同じくらい重要になります。次に「組織」。組織で仕事をする以上、その中で認められなければなりません。プロフェッション組織内でしっかりと信頼関係を構築していくには、技術論だけでなく、誠実さやコミュニケーション力が必要不可欠です。しかし、その二つをクリアしていても「個人」のやる気や向上心がなければすべてが水の泡。税理士として活躍していくために最も大切なのは、知識や人間性など常に自分自身を向上させ続けることなのです。だから私たちは、あなたのやる気に応えたい。「高い専門性を身につけられる仕事」という「機会」をたくさんご用意して、お待ちしています。

 

太陽グラントソントン税理士法人
代表社員 税理士 浜村浩幸

世の中には「考える人」と「答えを求める人」がいます。答えを教えた時に「考えていたのに、何で答えを言っちゃうの」と憤る人が「考える人」で、ヒントを与えた時に「ヒントなんかいいから、早く答えを教えてよ」とイラっとするのが「答えを求める人」。太陽グラントソントンでの仕事で、私たちが直面する問題の多くは、模範解答が用意されていない問題です。様々なバックグラウンドを理解しないまま、ただ単に法律を当てはめただけでは、お客様の信頼や満足を得ることはできません。大切なのは「考える」こと。お客様のビジネスや抱える課題に深い関心を持ち、向き合って、理解して、提案すること。私たちが目指す、かけがえのないパートナーへの第一歩はそこから始まるのです。

Contact お問い合わせ お問い合わせはこちら
Recruitment 募集職種 ご応募はこちら