リクルーティングメッセージ

条件や待遇ではなく、ビジョンや志で、つながりたい。そんな願いをこめて、リクルーティング広告を制作しています。

「税理士法人のリクルーティング広告は、どこもおなじように見えて、違いがわかりにくい」という声をいただきました。確かにそうかもしれない、と反省しました。私たちが大切にしていること、私たちらしさが、少しでも伝わるように。これからも工夫していきたいと思っています。

2018

プロフェッショナルな仕事をするために、自身の成長は欠かせないものです。そこで今回は、先輩が後輩にキャリア開発の助言を行うキャリアパスナビゲーター制度について取り上げました。グラントソントンでは、先輩後輩間のコミュニケーションが活発に行われています。

2017

グラントソントンでは一人ひとりがプロフェッショナルとして力を発揮できる職場環境づくりにも力を入れてきました。働き方改革が見直されている世の中、グラントソントン流の働き方をご紹介しています。

2016

未来は待つものではない。掴み取りにいくものだ。東京五輪を4年後に控えた今、経営者の視線はどこに向かっているのか。クライアントの社運をかけた挑戦は、私たちに多くのことを教えてくれます。

2016 リクルートメッセージ

2015

一人ひとりが主体的に発信する機会が多いこと。
手を挙げる人にどんどん任せる風土があること。
そんな社風を社内報のエピソードを通じて紹介しました。
これからも大事に育てていきたい、私たちらしさの一つです。

2015 リクルートメッセージ

2014

私たちは、組織における人材の多様性や、
一人ひとりの個性を、とても大切にしています。
それはなぜだろう?合併から15年という節目の年に、
自分たちのルーツについて、改めて考え直してみました。

2014年

2013

この業界には業界特有の慣習や空気があるような気がします。
でも、それってほんとうにいいこと?改善すべきこともあるのでは?
そんな若手の声を発端にはじまった「風穴プロジェクト」の紹介です。

2013年

2012

逆境をチャンスに変える強さ。
私たち税理士法人だけではなく、社会全体が、そんなパワーを求めているように思います。
希望は与えられるものではなく、自分でつくるもの。自戒の念を込めたメッセージです。

2012年

2011

日本の危機とも言える現状のなかで、私たちにできることのすべてに、力を注ぎたい。そんな決意を込めて制作しました。

2011年

2009

いいチームとは何か。理想の組織とはなにか。パートナーディスカッションで、出てきたエピソードをそのまま広告にしました。事実、当法人では、サッカーファンが多く、フットサル部の活動も盛んです。

2009年リクルーティングメッセージ

Contact お問い合わせ お問い合わせはこちら
Recruitment 募集職種 ご応募はこちら