フィリピン・ニュースレター

もし工場長が企業経営者になったら

第18回 統治基盤に対する客観視(3)-コンプライアンスの遵守 

 

日本の工場長からフィリピン法人の経営者に就任した場合、経営の知識・経験が不足していたとしても、経営者になったからには経営全般に対して責任を負い、自社の客観視を行う必要がある。

企業を掌握するためには、企業を統治するための基盤、統治基盤が必要となる。統治基盤が弱いところに強固な事業は根付かないし、むしろ、事業の成功によって統治基盤の脆弱さが顕在化することさえある。フィリピン法人の経営者にとっても、この統治基盤の構築が重要な役割のひとつとなっているが、統治基盤を理解せず、構築に取り組んでいない経営者も見受けられる。

この統治基盤には、会社に対する支配という側面と会社に対する責任という側面がある。今回は、会社に対する責任という側面に注目し、コンプライアンスを遵守することに関して説明していく。

 

続きはPDFをご覧ください。  [ 221 kb ]

 

< フィリピン・ニュースレターに関するお問い合わせ >

Japan Desk Director 伏見 将一 

E-mail: Japan.Desk@ph.gt.com

  

フィリピン・ニュースレター一覧はこちら

 

ジャパンデスク・ニュースレター一覧はこちら

 

 

Download PDF [ 221 kb ]