国際税務ニュースレター

クロスボーダー型現物出資の適格性をめぐる地裁判決

大手製薬会社の塩野義製薬(以下「S社」)が、100%子会社である英国子会社に対して行ったクロスボーダー型現物出資の適格性を巡り争われた訴訟について、東京地方裁判所は2020年3月11日、S社の主張を全面的に認める判決を下しました。

(続きはPDFをご覧ください。) [ 205 kb ]


国際税務ニュースレター 一覧はこちら