2021年2月号

企業価値評価のニーズは、M&A、スタートアップ企業・ベンチャー企業における資金調達やストック・オプション、事業承継など様々な局面にあり、企業価値評価は、あらゆる株式会社に必要とされています。また、会計上ものれんの減損やPPA、非上場株式の減損等の検討が求められ、会計業務においても企業価値評価の理解が重要な時代になりました。このように評価・バリュエーションが重視される現在、国際評価基準審議会(International Valuation Standards Council: IVSCは、評価実務に携わる評価者の品質を一定に保つ仕組み(評価資格制度)を検討しています。

本稿では、評価実務を巡る課題を解説し、その上で評価資格制度導入による今後の評価実務に関する展望を解説いたします。

(続きはPDFをご覧ください。) [ 828 kb ]

太陽グラントソントン Advisory Insights 一覧はこちら