太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース

働き方改革―その真の目的は何かー

2018年3月号 経済ジャーナリスト 磯山 友幸氏

今春(2018年)3月1日に大学生の就職活動が解禁されました。人手不足を映じた売り手市場で、新卒採用の企業では人材確保に躍起となっているようです。こうした人材不足に対処すべく政府は長期的な視点に立った「働き方改革関連法案」を国会に上程していますが、与野党間での意見の違いから、みなし労働時間で賃金を払う「裁量労働制」を同法案から切り離すなど対立が顕著となっています。
今回は我が国の構造的な人手不足と働き方改革について、日本経済新聞で海外支局長等も歴任された経済ジャーナリストの磯山友幸氏に解説して頂きます。

続きはPDFをご覧ください。 [ 718 kb ]