太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース

二極化する大都市圏の不動産市場の背景と今後

2021年6月号
オラガ総研株式会社
代表取締役 牧野知弘 氏

緊急事態宣言継続の中で、新型コロナ対策のワクチン接種が始まりました。コロナ感染の抑制と共に経済活動の水準も少しずつ回復しつつあるようです。こうした中で、大都市圏の不動産市場はコロナ禍の影響で二極化していると言われています。
今回は三井不動産勤務の経験をお持ちで、我が国の不動産市場の動向に精通されているオラガ総研株式会社の牧野知弘代表取締役に、最近の大都市圏の不動産市場について解説していただきます。

 

(続きはPDFをご覧ください。) [ 541 kb ]

太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース 一覧はこちら