太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース

コロナ後の回復が進む中国経済と日中経済関係の展望

2020年6月号
キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹 瀬口清之氏

2020年初来、新型コロナウイルスが世界的に流行し、その勢いは衰えていません。ただ 5月の緊急事態宣言解除後は、我が国の経済活動に再開の兆しが見えて来たほか、ウイルス感染拡大の元となった中国では、武漢市の都市封鎖など厳格な管理体制が功を奏し、4月以降は3密の飲食業などを除き勤務は平常時に戻ったとされます。 今月号では、日本銀行時代に北京事務所長を務められ、中国事情に精通されているキヤノングローバル戦略研究所研究主幹・瀬口清之氏に、コロナ後の中国経済や日中関係について解説していただき ます。

(続きはPDFをご覧ください。) [ 684 kb ]

太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース 一覧はこちら