太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース

仕事の渋滞、解消の法則~渋滞学からの働き方改革~

2020年2月号

東京大学 先端科学技術研究センター教授 西成 活裕氏

東京オリンピック・パラリンピックイヤーを迎え、政府や都庁より7月から8月の期間 中における時差出勤や在宅勤務など、渋滞回避の対策が発表されています。ただ、外人客 に人気スポットの表参道辺りでは「期間中は渋滞や大きな混雑が予想され、いつものお客 様にご迷惑をかけそうだ」として休業を打ち出す店舗も報じられており、渋滞対策には 中々これと言った決定打は見当たらないようです。 今月号では、交通渋滞を始めあらゆる渋滞を科学的に研究する“渋滞学”を提唱さ れ、仕事の渋滞解消の法則についても研究されている西成活裕・東京大学先端科学技術 センター教授に、仕事における渋滞解消法について解説して頂きます。

(続きはPDFをご覧ください。) [ 488 kb ]

 

太陽グラントソントンエグゼクティブ・ニュース 一覧はこちら