中国では発票(請求書兼領収書)の電子化が進んでいます。日系企業も、電子化に対応する必要がありますが、これまでの煩雑な作業の合理化やリスクマネジメントの水準を高めるための好機としてとらえることも可能であると思われます。

(続きはPDFをご覧ください。) [ 254 kb ]

 

中国会計・税務実務ニュースレター 一覧はこちら