マネジメントのための経営財務情報『拝啓社長殿』

地方公共団体の会計

近年、道路橋やトンネル等の社会資本(インフラ)の老朽化が問題となっています。一方、地方公共団体においては、人口減少や少子高齢化により、その財政状態は厳しさを増し、インフラの老朽化対策に十分な資金が回せていない状況であるといわれています。そのような状況下、地方公共団体においても、そのマネジメントのために、企業と同様に会計を積極的に活用していこう、という動きがあります。

続きはPDFをご覧ください。 [ 194 kb ]

マネジメントのための経営財務情報『拝啓社長殿』 一覧はこちら

Download PDF [ 194 kb ]