中国ジャパンデスク・ニュースレター

会計期間を跨ぐ有効な証憑を取得した場合の損金算入について

2021年第4

会計期間を跨ぐ有効な証憑を取得した場合の損金算入について

 

新年を迎え、そろそろ2020年度の企業所得税の確定申告(確定申告期限:2021年5月31日)の準備に取り掛かる時期になって来た。毎年、会計担当者から「会計期間を跨ぐ経費の証憑を取得したが、損金算入をどのようにしたらいいか、あるいはそもそも損金算入ができるのか」などの質問を受けることは多い。そこで今号では会計期間を跨ぐ証憑を取得した場合の損金算入の取り扱いについて簡単に説明していく。

 

続きはPDFをご覧ください。 [ 1127 kb ]

 

<中国News Flashに関するお問合せ>

致同会計師事務所 日本デスク 

E-mail:japan@cn.gt.com