中国ジャパンデスク・ニュースレター

税務部門発「便民弁春風行動」が企業へ与える影響と企業の対応について

2020年第07号

今回のテーマ:税務部門発「便民弁税春風行動」が企業へ与える影響と企業の対応について

 

※ 「便民弁税春風行動」とは、納税者の税務に関する知識の周知・向上、税収管理及び納税サービスにおける問題点の周知を行い、納税者の利便性を高めることで、納税者の満足度と税法のコンプライアンスの向上を目標とするものである。

2月27日、国家税務総局は記者会見を行い、2020年の「便民弁税春風行動」について紹介し、税務部門が主体となって展開すべく、感染拡大防止とサービス経済社会等ついて記者の質問に答えた。今回は「便民弁税春風行動」が企業へ与える影響と企業の対応について簡単に紹介する。

 

 

続きはPDFをご覧ください。 [ 1008 kb ]

 

<中国News Flashに関するお問合せ>

致同会計師事務所 日本デスク 

E-mail:japan@cn.gt.com