中国ジャパンデスク・ニュースレター

納税信用評価格付

2019年第09号

今回のテーマ︓ 納税信用評価格付——企業にとって最重要なコア競争力のひとつ。あなたは今日チェックしましたか?

 

納税信用システム構築の推進に伴い、良好な納税信用評価は納税者の市場参入及び企業の安全運営における重要な資産となっている。国家税務総局は2014年に納税信用評価について具体的な評価方法(国家税務総局公告2014年第40号「納税信用管理弁法(試行)」、以下 「40号公告」と略称する。)を発表することで、賞罰制度の充実、自律的な納税の促進、納税者のコンプライアンス向上、階層管理の実現の主旨を明らかにした。国務院の「放管服(行政の簡素化と権限の移譲、権限の移譲と管理の結合、行政サービスの最適化)」における綱領的な要求の進化に伴い、企業の納税信用評価は税務関連以外のその他日常の企業運営にも大きな影響を与えている。ここで、納税信用評価の具体的な評価方法・評価プロセス・企業の日常対応及びA級信用への逆転についてアドバイスする。

 

続きはPDFをご覧ください。 [ 1077 kb ]

 

<中国News Flashに関するお問合せ>

致同会計師事務所 日本デスク 

E-mail:japan@cn.gt.com