IFRSニュース Quarter2 2018

2018/09/13

2018年2回目となる本号では、まず初めに、「財務報告に関する概念フレームワーク」の改訂に注目します。次に、最近IASBが公表した2つの刊行物である、IAS第19号「従業員給付」の修正及び「会計方針の変更(IAS第8号の修正案)」のドラフトに目を向けます。その後、欧州の会計執行者がこの1年間に取り組んでいる事項に関するESMAの最近の報告書、及びEFRAGのディスカッション・ペーパー「資本性金融商品-減損及びリサイクリング」について検討します。

IFRSニュース Quarter1 2018

2018/05/11

2018年最初の号となる本号では、まず初めに、最近の米国税 制改革が米国で事業活動を行うIFRS財務諸表作成者に与える 潜在的な影響について検討します。また、2018年1月1日に発効と なる2つの主要な新基準(IFRS第9号「金融商品」及びIFRS第15 号「顧客との契約から生じる収益」)の重要な側面について読者 の方々に再確認していただき、現在、規制当局が注目している論点 に目を向けます。 その後、IASBが最近IFRS基準に行った修正を考察します。本 IFRSニュースの後半では、グラントソントンにおけるIFRS関連ニュ ースやさまざまな財務報告関連動向について説明します。本号の 末尾では、最近公表された諸基準の適用開始日及び現在コメント を募集中のIASBの公表物一覧を紹介します。

IFRSニュース Quarter4 2017

2018/01/31

2017年最後の号となる本号では、まず初めに、IFRS第9号「金融商品」に基づく予想信用損失の適用を高い水準へと推進することを目指すGPPC(Global Public Policy Committee)の報告書に注目します。次に、IFRS第9号における重要な修正を含む、IFRS基準の2つの修正及び最近公表された2つの公開草案について検討します。 本IFRSニュースの後半では、グラントソントンにおけるIFRS関連ニュースやさまざまな財務報告関連動向について説明します。 本号の末尾では、まだ強制適用されていない最新の諸基準の適用開始日及び現在コメントを募集中のIASBの公表物一覧を紹介します。