M&Aや組織再編の意思決定および株主等利害関係者へ取引の合理性を説明する為には、事前の実態調査が不可欠です。

対外的な合併・買収、企業グループ内の組織再編などにおいて、対象会社または事業のリスクや問題点の有無を把握する為に、会計、税務、人事労務の専門家が、財務・税務・人事労務の状況を調査し、迅速かつ適切に各種デューデリジェンスサービスを提供します。

財務デューデリジェンス

初期的な段階における案件取り上げの是非の検討、統合完了後に想定される課題、リスクについて様々な角度から分析、助言を提供します。さらに財務デューデリジェンスの結果から、買収契約における留意事項あるいは統合後に想定される課題、および解決策についての提言も可能です。

税務デューデリジェンス

買収前・買収時に発生が予想される税務リスクを精査します。また、再編手法を含めた税務リスクを分析し対策を講じます。また、必要に応じて、財務デューデリジェンスやITシステムデューデリジェンスまでワンストップで提供可能です。

人事デューデリジェンス支援サービス

労務監査は法定監査として確立してきた会計監査と異なり任意監査であるため、定期的に行っていない企業も多く対応に差があります。一方、従業員の意識や雇用環境の変化により、労働訴訟や個別労働紛争は増加傾向にあり、企業の労務リスクはますます高まっています。私たちは、日々の給与・人事労務を通じて培ったノウハウを人事デューデリジェンス支援に活かしています。